プロフィール

フィオレッタ

Author:フィオレッタ
カワセ部 
ドルスト科

 にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンドドルへ
にほんブログ村

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

トレードする場所しない場所を嗅ぎ分けるに必要なもの
おはようございます☆

GBPUSD GBPJPY
昨日はこれまでの三日間のように下降続きでしたが
後半は反転するかな~~という瀬戸際でクライマックス底値後
一時的に反転したみたいですね。
まあメジャートレンドは下なので要注意ですけれど。

GBPUSDは一時的にもみあうところが多かったけれど
移動平均線のパーフェクトオーダーのお陰で
レートの動きがとてもマッチしていてわかりやすい相場でした。

月曜火曜で学んだ反省点
『方向がハッキリしない微妙なタイミングでエントリーしていた自分』
を改めようと何とかはっきりするかしないかの5秒前(とはいかなくてもせめて10分前)ぐらい
までにエントリーを遅らせる癖をつけようと努めました。

基準にする時間足を30分から1時間にしてます。
そうすれば動きもそんなに激しくみえないし、
落ち着いてエントリータイミングを見つけられるような気がします。

さて、タイトルにした
エントリーする場所しない場所ですが、
以前一回同じタイトルでブログ書きました。

以下前回の記事

あれこれ日々トレードしていると相場の動きに呑み込まれあっという間に自分を失ってしまっていることが一番怖いこと

トレードする場所としない場所の区別を明確にすること

相場を見たときに、自分の使っているテクニカルを目安に、
今がどういった状況なのか見極めることが大切ですよね。

トレンド発生中なのか、トレンド終了間際なのか、
トレンド転換中なのか、はっきりしない保ち合いなのか


例えば下降トレンドでそろそろ戻り売りとして
目安にしているテクニカルのポイントが迫ってきたから
準備してまっていよう、っていうことよくあるのですが、
その時にその下降トレンドは継続するのかどうかを気をつけて見ないとだめです。
もしかすると戻ってきたときにはトレンド転換中で
安値を更新せず保ちあいになるかもしれませんものね。

トレンドの終了のサイン、トレンドスタートのサインなど
自分なりに見分けできる方法は必要ですよね。


とこんな記事をかきました。

最近はトレードする場所を探すことも大事ですが
トレードしない場所
=トレードするには危険な場所
=トレードしてはいけない場所

を嗅ぎ分ける鼻が??ついてきたような気がします。

でもその嗅覚って正常な精神状態で機能するものなので
出来るだけ自分の相場に面と向かったときの精神状態が
ノーマルかどうか・・・(反対はアブノーマル???)

今の自分がノーマルな精神かどうかすごく気を使っています。

トレードする場所しない場所を嗅ぎ分けるに必要なもの
それはずばり ノーマルな自分 なんだと思っています最近

いつか自分がノーマルでいるためには
何が必要なのか。。それを見つめなおすのも
トレードを上達させる一つの手段なのかもしれません

明日で今週も終わりですね。
気持ちのよい精神状態で今週を
さわやかに終えたいと思います。
(実は今日まで心中ギャ~~~と一人で悲鳴上げながら過ごしてきた
ストレスいっぱいなフィオレッタです。やっぱトレードは不労所得なんかじゃない。。はず。。)

では☆
スポンサーサイト

2009.08.28(Fri) | いままでの独り言・・・ | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://damedamefioretta.blog36.fc2.com/tb.php/119-2c4eef39
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。