プロフィール

フィオレッタ

Author:フィオレッタ
カワセ部 
ドルスト科

 にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンドドルへ
にほんブログ村

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

今日は高値でレンジかな
ドルスト高値でウロウロですね。



今日の自分なりの妄想シナリオ



狭いレンジをどちらかに抜けそうなところまで

勢いつけていって

そのまま元のレンジに戻っていくのか

それとも

一旦戻してブレイクしていくのか・・・・


ブレイクしたと思ったら

NYで結局元のレンジの方向に戻ったかと思いきや

レンジを反対側に突き抜けて

ようやく真のブレイク・・・というストーリーの可能性も。。


ただ今日は月曜日なので

あまり期待しないほうがいい

週末にできなかった残りの復習をしながら

取れるところだけ短くとるか、

もし放たれて大きな相場になったらなったであきらめよう

変な行動を起こして損するよりはマシだから


☆☆☆
スポンサーサイト

2010.09.27(Mon) | トレードの独り言・・・ | cm(0) | tb(0) |

迷ったとき相談に乗ってもらうおじいちゃん
パーフェクオーダー

トレードしている人でMAテクニカル読んだことある人なら

大体の人が知っていると思う


けれどよく書いてあるように

『複数のMAがパーフェクトオーダーでIN』

というのに従ってトレードしても

いつも上手く行くわけじゃない。

MAのGC DCもそうだけれど

やはり自分なりに相場の癖を研究して

どういう環境でどういう風にパーフェクトオーダーなりGC DCを利用するのかが

大きな違いになる。




パーフェクトオーダーだからといって

単純にINすると間違いなくやられる

GCDCだってそう



パーフェクトオーダーはトレードしていいよ

というサインと勘違いしたらボロ負けする



じゃあどうやって使えばいい?




昔ほどパーフェクトオーダーを気にしなくなった私が

時々それを目安にする時があるとすれば

高値から反転でINして

ある程度というか一波レートが下がって一旦とまったとき

ここからさらに下げるのか、

それとも押し目でさらに上昇していくのか(というか下げにくいのか)

を考えるとき、15分足でも1時間足でもみてMAがどんな形なのか

パーフェクトオーダーでないかどうかなと

ちょっと気にしてみてみる


もちろんパーフェクトオーダーの根っこレベルだと

普通に反転して下降する確率も高いので

その時のチャートパターンとMAの形で

反転して下降していきやすそうなのか

反転するようにみせてV字なのでえびぞり急伸上昇するのか

などといろいろと可能性を自分なりに考えてみる


であとは現行チャートの動きと

テクニカルポイントをみているうちに

MAのパーフェクトオーダーとかすっかり気に留めてない私



あるとき2極端な選択肢(反転 or トレンド継続)がでてきたとき

MAの並び具合を参考程度に確認する

あとは自分がポイントとしている別の要素でトレード



今のところ私にとってパーフェクトオーダーは

時々お世話になるベテランカウンセラーという感じか


時々迷ったとき相談に乗ってもらうおじいちゃんみたいなものか




いつかもっとパーフェクトオーダーの力を

発見できればいいと思ってるけれど







2010.09.26(Sun) | トレードの独り言・・・ | cm(0) | tb(0) |

買・売どちらが強いのかを知り 後はタイミングを計ってIN
いつだったか一目を勉強しているときのメモ


相場で利益を得るためには

自分が勝った後に別の参加者がさらなる高値で買ってくれる

自分が打った後に別の参加者がさらなる安値でうってくれる


買い手と売り手のどちらが勝ちどちらが負けているのかを知り

後はタイミングを計ってINするだけ

相場は売り・買いの『均衡』が崩れた方向へ動く



問題は売り買いの均衡が崩れる瞬間を見分けることができるかということよりも

崩れたと判断してINしたところが間違っているかもしれないとき

ポジションに見切りをつけるタイミングが大切だと思う。


単純にあるポイントを越えたら切ったほうがいいのか

それともある程度の時間内であれば粘ったほうがいいのか


やっぱり難しい

2010.09.24(Fri) | トレードの独り言・・・ | cm(0) | tb(0) |

魂が相場に食われてるかもしれない時ほど冷静になれ
こんなメモがでてきた

どこの文章をメモしたのかわからないけれど

当たり前のようであって奥の深いメモ



相場の高値安値を確認すること

相場参加者は合理的行動をとろうとするため
相場の高値安値を知ろうとする

高値   それ以上の高値では買おうとする参加者がいないポイント
      売ろうとする参加者の方が買おうとする参加者より多いポイント


安値   それ以上の高値では買おうとする参加者がいないポイント
      売ろうとする参加者の方が買おうとする参加者より多いポイント




相場には自分以外の生きた参加者が存在しているということの意味がわかっていたら

自分が引かされたときすぐにギブアップできるはず

粘ったって仕方がない

だって自分が『もう買う人はいないだろう』と思う地点で

まだ『買いだ!』と思って買う参加者がいることを想像すれば

『多数決でまだ買いらしいので、もう少し上で様子見てよさそうなら売りなおそう。。』と素直に思えるから。


チャートとにらめっこばかりしていると

そこにはチャートと自分しかそんざいしておらず

自分がINした後さらにプライスが伸びているにも関わらず

汗かきながら踏ん張りすぎたとき

『あ。。私ちょっと魂が相場に食われてるかも。。。冷静でないかも。。。』と

気づける余裕があったら

どんなに違うだろうと思う。

2010.09.23(Thu) | トレードの独り言・・・ | cm(0) | tb(0) |

ドルスト強し・・・
強いですね ドルスト

EURUSD 高値で叩き売りしようとしても

8月初旬の高値を抜けてしまったので

ちょっと危険を感じ

ノイズの範囲で落ちたときにEXITなどして

しのいでます。

1.3400手前で ウロウロしてるけれど

まだ売れません。

ここが天井だったというのがわかるのは後になってからなので

ここが天井かもしれない可能性を考えて

期待値測ったとき

自分が納得するならばINしようとおもいます。


GBPUSD はどうでしょう

1.5600のポイントでどう立ち振る舞うか

それをみてから短期で取れるところをとれればと思います。



昨日お友達が二人食事にきたので

あれこれ作りました。

最近怠けてたせいか

味が・・・・ずれてるといけないので

薄味から始めて

足りなければ足していく方向なら

修正利きますものね。


来週はサンジェルマン・デプレ近くにある

お魚専門のレストランに別の友達とゴハン食べにいくことに。

めずらしくプライベートで活動的社交的に。

いい感じだ。。。。

書いているうちに、もうすぐダウが始まる

GBPUSDは1.5600で反発かな?

まだわからないから

次はFIXまで待たないとかな?



ではまた

2010.09.22(Wed) | トレードの独り言・・・ | cm(0) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。