プロフィール

フィオレッタ

Author:フィオレッタ
カワセ部 
ドルスト科

 にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンドドルへ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

今年一年☆
今年一年あっという間に終わってしまいました。

一年って早いですね~

ブログは途切れ途切れでほとんど瀕死状態のにっきでしたが

それでも訪れてくださったみなさん

ありがとうございました☆

トレードをしていること

リアルの知り合いで知っている人は家族一人とその幼馴染のみなので

ブログを通じてお知り合い作りたいな~と思っていたのですが

自分がこんなにも更新しないのではダメですね☆☆☆


ときどき皆さんのブログ遊びに行きますから

今年いっぱいでこのブログをおしまいにしようと思います。

今までありがとうございました!


良いお年を☆

スポンサーサイト

2010.12.31(Fri) | 自己紹介 など・・・ | cm(4) | tb(0) |

志が変化をもたらす
さいきん

飼い猫の病気で

いろいろとあれこれお医者さんに通ったり

いろんな薬を飲ませたり(普段薬はできるだけ控えたい方針)

そんな生活が夏前から続いてます。

目の病気なのだけれど

なかなか良くならないので

そのために点眼のみならず

ここ一ヶ月内服薬を処方されて飲んでいたのだけれど

ネコの体調が最近すごく不安定になってきている感じがする。

心配だ。


難しいと思う。

私は動物の言葉が理解できない

もちろんこうして長年飼い猫に接していれば

その態度や行動しぐさで

大体のことは察しがつき

特に食欲系のメッセージだったら

大抵は当たってる。(ただゴハンくれ!というれべるだけれど(笑))

先生が様子をみて処方する薬は本当に妥当なものなのか・・・と。

そんな疑いをもっていたら

病院に通わなきゃいいじゃない!とおもうのでしょうが

う~ん複雑な気持ちだ。。。。


うちの一般医の獣医先生とはもう長い付き合い。

別の病院で薬を乱用されひどくなるばかりだった飼い猫の皮膚病が

その先生の自然に近い治療法と私の食事療法で

すごく改善されたというエピソードがあるので

私は心から信頼している。

何よりも治してあげたいという彼女(女性の先生)の気持ちを

すごく感じた。こころざしというのか。

ココロザシ 志

目に見えない漠然なもののお陰にはしたくないけれど

志で治る病気もあると思う。

患者側だったら『治りたい、治してみせる』と切に思う志

医者側だったら『患者が良くなってほしい、治したい』という志

目に見えないけれど全く効果がないという話でもないと思う志



なんでもそうだと思うけれど

志っていう名の気持ちって大切だ

地道な作業を根気よく続けるということは

そんなに張り切った頑張りは必要ないけれど

続ける堅い意志が必要だ

ここにも志が存在する

漢字にあるままだ

相場と付き合うことにも根気はいる

長く続けたいからこそ

途中で資金がなくなって二進も三進も行かないような状況を作るような

愚行はなしにしようと思う強くて堅い意志があれば

時間の問題で何か答えというか

探していた何かひらめきみたいなものが

見えてくるのかもしれないと思う今日この頃



*****************************************************


ネコの話から飛びましたが

ネコの治療も諦めず

地道に最善の方法をみつけるべく

志を持って続けていこうと思う



2010.09.30(Thu) | トレードのハテナを独り言・・・ | cm(3) | tb(0) |

今日は高値でレンジかな
ドルスト高値でウロウロですね。



今日の自分なりの妄想シナリオ



狭いレンジをどちらかに抜けそうなところまで

勢いつけていって

そのまま元のレンジに戻っていくのか

それとも

一旦戻してブレイクしていくのか・・・・


ブレイクしたと思ったら

NYで結局元のレンジの方向に戻ったかと思いきや

レンジを反対側に突き抜けて

ようやく真のブレイク・・・というストーリーの可能性も。。


ただ今日は月曜日なので

あまり期待しないほうがいい

週末にできなかった残りの復習をしながら

取れるところだけ短くとるか、

もし放たれて大きな相場になったらなったであきらめよう

変な行動を起こして損するよりはマシだから


☆☆☆

2010.09.27(Mon) | トレードの独り言・・・ | cm(0) | tb(0) |

迷ったとき相談に乗ってもらうおじいちゃん
パーフェクオーダー

トレードしている人でMAテクニカル読んだことある人なら

大体の人が知っていると思う


けれどよく書いてあるように

『複数のMAがパーフェクトオーダーでIN』

というのに従ってトレードしても

いつも上手く行くわけじゃない。

MAのGC DCもそうだけれど

やはり自分なりに相場の癖を研究して

どういう環境でどういう風にパーフェクトオーダーなりGC DCを利用するのかが

大きな違いになる。




パーフェクトオーダーだからといって

単純にINすると間違いなくやられる

GCDCだってそう



パーフェクトオーダーはトレードしていいよ

というサインと勘違いしたらボロ負けする



じゃあどうやって使えばいい?




昔ほどパーフェクトオーダーを気にしなくなった私が

時々それを目安にする時があるとすれば

高値から反転でINして

ある程度というか一波レートが下がって一旦とまったとき

ここからさらに下げるのか、

それとも押し目でさらに上昇していくのか(というか下げにくいのか)

を考えるとき、15分足でも1時間足でもみてMAがどんな形なのか

パーフェクトオーダーでないかどうかなと

ちょっと気にしてみてみる


もちろんパーフェクトオーダーの根っこレベルだと

普通に反転して下降する確率も高いので

その時のチャートパターンとMAの形で

反転して下降していきやすそうなのか

反転するようにみせてV字なのでえびぞり急伸上昇するのか

などといろいろと可能性を自分なりに考えてみる


であとは現行チャートの動きと

テクニカルポイントをみているうちに

MAのパーフェクトオーダーとかすっかり気に留めてない私



あるとき2極端な選択肢(反転 or トレンド継続)がでてきたとき

MAの並び具合を参考程度に確認する

あとは自分がポイントとしている別の要素でトレード



今のところ私にとってパーフェクトオーダーは

時々お世話になるベテランカウンセラーという感じか


時々迷ったとき相談に乗ってもらうおじいちゃんみたいなものか




いつかもっとパーフェクトオーダーの力を

発見できればいいと思ってるけれど







2010.09.26(Sun) | トレードの独り言・・・ | cm(0) | tb(0) |

どのポイントを越えれば流れが変わるのか
テクニカルポイントって


値段的なポイント

トレンドライン的なポイント のことだけをいうのかな?


時間的な限界

つまり長く同じゾーンで高値(もしくは安値)を更新できないでいるとマズいとか

そういうことも言うのかな

どちらにしても長い間同じゾーンでレンジでいれば

いずれトレンドラインとぶつかることになるから

その時が時間的な限界だと捉える参加者は少なくない



そんな状況でトレンドラインにタッチしたときの反応次第で

レートがどちらに動くのかをみてからINしても遅くないと思う。

流れが今までと同じ方向に継続するのか

ラインを越えて流れが変わるのか

それを確かめてから次の戻り(押し)でIN



例えば10万通かでINしたら

ひと段落流れが落ち着いたところで半分リカク

残りの半分はもう一段引っ張るつもりで観察。

もしだめなら最悪±0で切ればいい。



こういう状況で相場に勢いがついたからといtって

その流れがいつまでも続くとは限らない 

ということもしっかり意識しておきたい




一番安全なひと波を取れればあとは静視でも構わない

そんな心境でいたら変に手を出して火傷することもないと思う

なかなかむずかしいんだけどね。

ただ反対に『利を伸ばす!!』という目標をデフォルトで

立ててしまうと、それはどんな相場においても通用するとは思わないので

気をつけること。





『利を伸ばす』という目標は素晴らしいけれど

素直に利を伸ばせる相場は半分以下だと思う。

きれいにトレンドが発生している相場って

全体の3割だと何かで読んだことがある。

残りの7割はレンジ相場⇒はっきりしない動きで充満した気迷い相場 



良い週末を!

2010.09.25(Sat) | 自己紹介 など・・・ | cm(0) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。